> 好善社の歩み

歩み|公益社団法人 好善社社

公益社団法人好善社100年の歩み

明治6年(1873)、アメリカ長老派教会から派遣された宣教師ヤングマン女史(1841-1910)は
翌年、東京築地にB6番女学校(現在の女子学院中学・高等学校)を開校しました。
女史の課題は「キリストの精神を社会的に実践する」ことで、
この主旨にそった団体を作ろうと生徒に呼び掛けたところ、10名が集まりました。これを「好善社」と名づけて発足したのは、明治10年(1877)11月19日のことでした。
初期の活動は一般の伝道と奉仕活動でしたが、
1891年(明治24)、一人の女性のハンセン病患者との出会いが契機となり、
英国MTL(現在のThe Leprosy Mission、ハンセン病問題に取り組む、キリスト教の国際的支援活動)の援助により、
1894年(明治27)10月13日、東京目黒村に私立病院・慰廃園を開園しました。

1877年(明治10)
教育宣教師ヤングマン女史と
10名の教え子の女性たちによって設立

公益社団法人好善社は、1877年(明治10)に、アメリカ人宣教師ミス・ヤングマンと現在の女子学院の前身校の女子学生10人によるボランティア活動として発足しました。
その精神は「キリストの精神をいかに社会的に実践するか」でした。その後、ハンセン病を病む一人の女性と出会い、1894年(明治27)に東京都目黒に私立病院「慰廃園」を設立し、ハンセン病患者に対する伝道と医療に従事しました(1942年解散)。戦後は、国立ハンセン病療養所内の教会堂の建設、全国学生社会人ワークキャンプの実施、入所者のための聖書学舎の設立・運営などの事業を行ってきました。また、国内の療養所を積極的に訪問、入所者との交流を続けています。近年は、社会復帰者、ハンセン病家族にも関係を広げています。
1980年(昭和55)から8年間、台湾の医療伝道に協力しました。
1982年(昭和57)からは、タイ国のハンセン病事業に協力、姉妹団体チャンタミット社設立を支援、経済的な協力を現在も継続しています。また、阿部春代社員(看護師)をタイ国東北部の県立病院に派遣、ハンセン病の後遺症から生じる傷の保護と予防に取り組んでいます。

教育宣教師ヤングマン女史

運営主体の好善社は1905年(明治38)3月22日、内務、文部両省から社団法人の認可を受けました。 慰廃園は私立病院として独自の道を歩みましたが、1907年(明治40)に「癩予防ニ関スル件」(法律第11号)の公布により第1区全生病院が東村山に開設されると、政府の委託を受け、患者の一時救護所の役目も果たしました。太平洋戦争が勃発すると、アメリカからの援助は途絶え、運営難におちいったため、ついに1942年(昭和17)8月5日、患者56名を多磨全生園へ送り、慰廃園を解消しました。運営48年間の収容患者数は合計4,159名でした。

慰廃園(昭和初期)
慰廃園(昭和初期)

終戦直後の東京は焦土と化していましたが、慰廃園内には社宅1軒が焼け残っていました。これを知った多磨全生園を除く10療養所の所長を始めとする職員は、本省へ上京出張する折、ここに止宿したので、療養所東京出張所としての便宜を10年間提供し、急場を支えたのです。それが縁で、長島愛生園と結んで慰廃園跡地に1952年(昭和27)、児童養護施設・恵光寮を開設しましたが、5年で閉鎖となりました。

慰廃園内礼拝堂(昭和初期)
慰廃園内礼拝堂(昭和初期)

このような働きをしながら、好善社本来の活動を始めました。即ち、1948年(昭和23)、American Leprosy Missoin との関係が回復すると、国立療養所内教会堂建設計画を立て、同協会からの援助を受けながら、1966年(昭和41)までに9教会堂と長島聖書学舎を新築、2会堂を増改築し、それらの活動に寄与しました。現在では、国立13療養所にあるプロテスタント、聖公会、カトリック29教会と交流関係をもっています。 また、1963年(昭和38)より「全国学生社会人キリスト者ワ-クキャンプ」(別称・人間関係を考える研修会)を1998年(平成10)までに9療養所で58回開催、約1000名が参加しました。これらの参加者からは、入所者と交流関係を持つものが多く出、好善社社員となった人をはじめ、医師、看護師、牧師等々、人生の方向転換した人たちがいます。創立100周年(1977年)を迎えたところで、活動の目が東南アジアへも向けられました。「受けた援助、今度はお返ししよう」と、1980年(昭和55)から8年間、台湾麻瘋救済協会の活動を支援しました。更に1982年(昭和57)からはタイ国へ手を差し延べ、1987年(昭和62)にはタイ国版好善社「チャンタミット社」創立を助け、経済的な協力のほか、タイ国厚生省と結んで、医療活動応援のため看護師を派遣しています。2005年(平成17)からは、チャンタミット社の協力を得てタイ国で青少年ワークキャンプを毎年8月に開催しています。2014年(平成26)4月に、公益社団法人の認可を受けました。

好善社の歩み(国内での活動)

教会堂の建設
1949~1966年までに、国立ハンセン病療養所に9教会堂を建設。

  • 好善社の歩みの写真

    長島曙教会(長島愛生園)

  • 好善社の歩みの写真

    新生園伝道所(東北新生園)

  • 好善社の歩みの写真

    秋津教会(多磨全生園)

全国学生社会人ワークキャンプ
1963~1988年まで国内各療養所で 60回開催、延べ1000人が参加。

  • 好善社の歩みの写真

    東北新生園で
    (1984年)

  • 好善社の歩みの写真

    東北新生園で
    (1986年)

  • 好善社の歩みの写真

    栗生楽泉園で

療養所訪問と療養所教会への牧師派遣
年間、延べ約150人の社員が訪問。社員の牧師が礼拝説教を奉仕。

  • 好善社の歩みの写真

    邑久光明園・家族教会礼拝

  • 好善社の歩みの写真

    星塚敬愛園・恵生教会礼拝

  • 好善社の歩みの写真

    大島青松園を訪問

ハンセン病を正しく理解する講演会
関東と関西で、各年一回行っている。

  • 好善社の歩みの写真

    関東・藤崎(ふじさき)陸安(みちやす)さん
    (2018年)

  • 好善社の歩みの写真

    関西・黄光男(ファン グァンナム)さん
    (2018年)

  • 好善社の歩みの写真

    関西講演会風景
    (2018年)

好善社創立記念の集いとリユニオン

  • 好善社の歩みの写真

    創立100周年記念感謝会
    (1977年)

  • 好善社の歩みの写真

    創立125周年記念礼拝
    (2002年)

  • 好善社の歩みの写真

    ワークキャンプリユニオン
    (2002年)

(タイ国での活動)

1987 年から財政的支援を継続中。両社の合同理事会、研修会、ワークキャンプ等を実施中。
写真・2018 年の全国修養会(左・中)。1994 年に建築したノンソンブーン教会。

  • 好善社の歩みの写真
  • 好善社の歩みの写真
  • 好善社の歩みの写真

看護師の派遣
1991年から阿部春代看護師(社員)はタイ国東北部の病院に勤務し、ハンセン病による後遺症の保護と予防に取り組んでいる。

  • 好善社の歩みの写真
  • 好善社の歩みの写真
  • 好善社の歩みの写真

ワークキャンプ
1992年からタイ国コロニ―で開催。2005年からタイ・日青年交流キャンプとして開催中。2017年までの延べ参加者数は1051名。

  • 好善社の歩みの写真

    第1回チャンタミット社・好善社ワークキャンプ(1992年)

  • 好善社の歩みの写真

    第1回タイ・日青少年ワークキャンプ
    (2005年)

  • 好善社の歩みの写真

    第12回タイ・日国青少年ワークキャンプ
    (2017年)